営業マンの研修で商談のリズムを掴む


営業マンの研修でロールプレイングと言う
実際にお客様の立場に分かれて行います、
最近自社商品をきっちりと説明が出来ない
営業マンが増えています

営業マンの研修で会社のメーカーの用意した
内容しか話す事が出来ないカタログ語しか言えない
営業マンが増えてきています、

営業マンの研修だかであってお客様の前では
きちんと話していると言う営業マンいます

営業マンの研修で上手く出来ない営業マンは
お客様の前でも絶対に上手く話せる訳が無いのです


015280s.jpg

私が思うには、カタログ語しか話せない営業マン
本当に商品を売る気が有るのかと言いたいです
この営業マンに聞けば大丈夫と言った安心感の有る
営業マンが少なくなって来たのか残念です

そうならないためには、営業マンの研修でも
きっちりと出来る営業マンにならないといけません

1>カタログに書いている内容を何故どうしてと
  疑問を持つ
2>その疑問を自分の言葉に置き換え説明する
3>商品の売りを考える
4>商品の特徴を最低3分話せるようにする


この3点を意識して取り組むと
営業マンの研修どころか
本番でも上手く行きます

スポンサードリンク


posted by 飛び込み営業 at | 最低限知っておく事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
FXの手数料
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。