飛び込み営業活動で心がける事/お客様からこの商品欲しいと言わす事が出来る


飛び込み営業活動で悩みの相談を受けました
飛び込み営業活動の中で
1>門前払い
2>1分も顧客と話すことできない


1>門前払いは、殆どがこれです、チャレンジです
2>1分も顧客と話すことできない
<<この悩みに少し私なりの考えを書きます>>

1>初めての顧客の場合は挨拶程度
  自分を覚えてもらう
2>自分から話そうとしない
3>場数なれです



ダウンロード (15).jpg


自分のスタイルを決めて下さい

今は飛び込み営業難しくなってきています
ベル越しに断られる
飛び込み営業マンがよく来る

3.4,3の法則です
3人は契約
4人は考える
3人は契約しない


4人を契約させる事が大事です
飛び込み営業活動していると
自然に身につきます

飛び込み営業する際に方に力いれずに行動してください
私の経験で、自然とお客様からこの商品欲しいと言ってきます

私は、飛び込み営業活動をこう考えています
出来るだけ多くの人に毎日話し会う
飛び込み営業はこれに尽きるんじゃ無いでしょうか

posted by 飛び込み営業 at | 最低限知っておく事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム訪問販売のコツこれで契約間違いなし


リフォーム訪問販売のコツですが飛び込み営業の場合
まず摂取さんに合わないと話になりません


どの用にして摂取さんに合うかと言いますと
いきなり000株式会社の00です、
リフォームさせて下さい


この様なトークで入っても、相手にされません
まずは、コミュニケーションを図り
自分を信用して貰うこれが大事です


ダウンロード (25).jpg


私のリフォーム訪問販売のコツを言います
お役に立てば光栄です


1回目の訪問はリフォームに関して興味が有るか
探ります、リフォームの豆知識をポストに入れて置きます
そう言ってインターフォンを切る


10日位経ってから先日のちらし読んで頂きましたか
そこでもあっさり別のちらしを入れて変える


1ヵ月後ここで興味の有るお客様は、3回目となると
私の顔も覚えてもらっているはずです


そこで少しお時間宜しいですか
玄関先まで誘導する


玄関に出てくるという事は、リフォームを考えている
場合が多いです



そこで摂取とコミュニケーションが出来
契約に生り易いのです


大体の営業マンは、契約を取りたいが為に
始めから売る事ばかり意識をします


ですから営業マンは、じっくり構え
お客様のコンサルタントだと思う事が
大事と私は思います
posted by 飛び込み営業 at | リフォーム営業のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム営業する場合の4つのポイント


リフォーム営業する場合お客様のタイミング
(時期)を考えて商談する必要が有ります


単にお住まいで困っている所有りませんか
という営業よりも、ライフスタイルに合わせての
営業が大事なのです


リフォーム営業する場合の4つのポイント
1>壁や屋根等の修理によるリフォーム
2>家のライフスタイルに合わせてのリフォーム
3>人のライフスタイルに合わせてのリフォーム
4>快適に過ごすためにグレードUPする為のリフォーム

営業マンはこの4点を見逃してはいけません


ダウンロード (15).jpg


一番分かり安いリフォームは雨もりがする
この場合外装の塗装の場合は10年、
水周りは15〜20年大体部位によって
耐用年数が決まっています


リフォーム営業をする場合はお客様と一緒に
話し合いながら、考え納得の行くリフォームを
行う事が大事です


リフォームが上手く行けば、勿論何か有れば
次に続きます、紹介していただいたり


営業マンは目配り気配りが大事です
posted by 飛び込み営業 at | リフォーム営業のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
FXの手数料
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。